カナダでのスウェーデン式トリートメントの位置づけは?

Pocket

一口にマッサージと言っても、ものすごく多様な種類のマッサージがあるってご存知ですか?

例を挙げると、

  • タイ古式
  • 足つぼ
  • リンパ
  • オイル
  • マタニティ
  • 整体
  • アロマ
  • フェイシャル
  • カイロ
  • 鍼灸
  • あんま
  • オステオパシー
  • カッピング
  • 指圧
  • リフレクソロジー
  • 骨盤矯正
  • アーユルベータ
  • タラソセラピー
  • ホットストーン
  • よもぎ蒸し
  • スポーツマッサージ
  • ベビーマッサージ
  • スウェーデン式マッサージ等

さらに書ききれない程のたくさんの種類のマッサージがあります。

この中から、今回はスウェーデン式トリートメントに注目したいと思います。

 

スウェーデン式トリートメントとは

スウェーデン式トリートメントの特徴は、肌に負担をかけないように少量のオイルを使うことです。

そして、筋肉や骨格に沿って、最初は浅く、そして段々に深い組織までも揉みほぐしていく方法です。

オイルの量や段階的な治療の手順が綿密に組まれており、それらの手順全てに意味合いを持つ伝統的な技術です。

筋肉の組織の深いところまでほぐれるにもかかわらず、オイルを使うため、体への負担が少なく揉み返しが起きにくいことも特徴です。

特にアメリカやヨーロッパで普及しており、筋肉や関節に対して作用するため、リラクゼーション目的のみならず、医療、治療を目的とした現場でも活用されています。

また、身体的なリラクゼーション目的のみならず、スウェーデン式トリートメントにはもう一つ意外な効果があります。

スウェーデン式トリートメントでは、患者さんは基本的に下着一枚で、治療を受ける部位以外のところはシーツで覆われています。

なので、セラピストと患者さんは直接触れ合うことになります。

これはタッチセラピーとも呼ばれ、スウェーデン式トリートメントを行うことによって副交感神経が働き、「幸せホルモン」とも呼ばれるオキシトシンや、鎮痛効果の高いβエンドルフィンなのが促進分泌されるようです。

なので、スウェーデン式トリートメントは心身ともにリラックス出来るトリートメントとして注目されています。

 

カナダではスウェーデン式トリートメントの位置付けは?

私が今住んでいるカナダではマッサージ師にRMT(Registered Massage Therapist)という位置付けがあります。

ただ、カナダ全土ではなく、ブリテッシュコロンビア、ニューファウンドランド、オンタリオ、ニューブランズウイックの4州のみに限ります。

このRMTは主にスウェーデン式トリートメントを施行し、その施行術を2年または3年かけて、2200時間にわたる解剖学、生理学、心理学、栄養学等、専門的な知識を学びます。

なので、医療現場でも使えるほどの知識を養うことができるのです。

よってこのRMTの治療は保険でほとんどカバーされます。(注:個々の保険のポリシーによって異なります。)

 

まとめ

今回はカナダで一般的に行なわれているスウェーデン式トリートメントを紹介いたしました。

皆さんも機会があれば是非お試しくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました