スケートカナダ2019羽生結弦選手エキシは大人のパリ散

スケートカナダ2019 羽生結弦 エキシはパリ散 フィギュアスケート

先ほど2019年グランプリシリーズ第2戦スケートカナダのエキシビジョンがカナダ、ケロウナで行われ、羽生結弦選手のエキシビジョンナンバーはなんとソチオリンピックで初めて金メダルに輝いたときのプログラム、パリの散歩道でした。

エキシビジョンの曲名は事前に発表されていなかったので、スケートカナダの会場でパリ散が始まった時は多くの人は錯覚と思ったようです。

19歳の時に金メダルを獲得してから6年後のパリ散。

大人の雰囲気漂う、とても素敵なエキシビジョンとなったようです。

 

スケートカナダ2019 羽生結弦 エキシはパリ散

6年前のソチオリンピックでのパリ散

羽生結弦選手が19歳の時に、ソチオリンピックでこのパリの散歩道を滑り、見事、日本男子初のフィギュアスケートでの金メダリストとなりました。

その時の様子を写真で振り返ってみたいと思います。

スケートカナダ2019エキシ羽生結弦パリ散

 

スケートカナダ2019エキシ羽生結弦パリ散

 

スケートカナダ2019エキシ羽生結弦パリ散

スケートカナダ2019エキシ羽生結弦パリ散

スケートカナダ2019エキシ羽生結弦パリ散

このプログラムは伝説過ぎて、ろう人形化されました。

お台場のマダムタッソーで会えるようです。

スケートカナダ2019エキシ羽生結弦パリ散

今回のエキシビジョンでは、更に大人の雰囲気のパリの散歩道を披露してくれました。

初めてオリンピックという特別な舞台で勝ち取った金メダル。

そしてその時滑ったプログラム。

このプログラムをきっかけに羽生選手のファンになった方も多いのではないでしょうか?

よいプログラムはいつ見ても良いものですね。

そんなファンの心境を理解し、実行に移してくれる羽生選手、さすがです。

 

まとめ

スケートカナダ2019の羽生結弦のエキシビジョンはパリの散歩道でした。

11月22日から札幌で始まるグランプリ第6戦となるNHK杯ではどのようなエキシビジョンになるのか、いまから楽しみですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました