フィギュア世界選手権2020コロナで中止になるの?日本からカナダの入国は大丈夫?

フィギュア世界選手権2020コロナの影響はある?日本からカナダの入国は大丈夫なの? フィギュアスケート

今シーズンのフィギュアスケートの世界一を決める「世界フィギュアスケート選手権2020」がカナダのモントリオールで2020年3月16日月曜日から3月22日日曜日まで開催されます。

この大会に日本からは宇野昌磨選手、羽生結弦選手、田中刑事選手、そして紀平梨花選手、樋口新葉選手、宮原知子選手が出場します。

開催を直前に控えて、現在ではコロナウイルスの影響で大人数が集まるイベントはキャンセル、自粛となっています。

このフィギュア世界選手権2020はコロナの影響はあるのでしょうか、また日本からカナダの入国は大丈夫なのでしょうか?

現在、各国におけるコロナウイスるの状況は日々更新されており、1週間先の事は誰も予想する事ができません。

それでは、「フィギュア世界選手権2020コロナで中止検討?日本からカナダの入国は大丈夫なの?」をお届けします。

 

フィギュア世界選手権2020コロナで中止検討?

フィギュア世界選手権2020コロナの影響はある?日本からカナダの入国は大丈夫なの?

フィギュア世界選手権の開催を1週間後に控えた2020年3月9日、大会のホスト国、ホスト州であるカナダのケベック州にある保健省がフィギュアスケートの世界選手権の中止を検討し始めたというニュースが入ってきました。

現在、世界中で猛威を振るっているコロナウイルス。

同じカナダのノバスコシア州では3月31日から4月10日まで女子のアイスホッケーの世界選手権が予定されていましたが、国際アイスホッケー連盟によると、コロナウイルスの感染拡大を防ぐ為に中止すると発表されました。

これを受けて、ケベック州の保健省がフィギュアスケートの今シーズン最大のイベント、世界選手権の開催を再検討すると発表しました。

試合開始を来週に控えており、既に現地入りしている選手も多いため、ダニエル・マッカン保健省は「早急に決断する」と声明を出しました。

現在、ケベック州ではモントリオールとその近郊で4人の感染が確認されているようですが、いずれも軽い症状のようです。

この声明を受けて、スケートカナダは「予定通り開催する方向で準備を進めている」と発表。

同じカナダのバンクーバーでは3月7日、8日にラグビーの国際試合が行われ、2日間での観客数はおよそ9万人にも上りました。

さらにバンクーバーと同じブリティッシュコロンビア州にあるプリンスジョージでは3月14日からカーリング女子の世界選手権が行われる予定ですが、こちらも中止の発表は今のところされていません。

こちらのブリティッシュコロンビア州では今日、初めてカナダでのコロナウイルスによる死者の報告がされましたが、これによりスポーツイベントや国際会議などの中止要請は出されなかったようです。

コロナウイルスによる状況が日々刻々と変化しているため、ブリティッシュコロンビア州の保健省は流動的に状況に応じて対応すると発表しています。

ケベック州の保健省は「なるべく早く中止か開催かを発表したい」としているものの、まだ最終決定を下すことができないようで、いつの発表になるかは言及されていません。

一時は予定通りの開催と見通されていましたが、ここにきて一転中止となる可能性が浮上してきてしまいました。

この時を楽しみにしてきたフィギュアファンにとっては最終決定が下るまでは辛い時間ですね。

また、既に現地入りしている選手、ファンにとっても最終決断が下りるまでは落ち着かない日々になりそうです。

開催まであと1週間、どのような決断がくだされるのでしょうか。

 

フィギュア世界選手権2020日本からカナダの入国は大丈夫なの?

フィギュア世界選手権2020コロナの影響はある?日本からカナダの入国は大丈夫なの?

外務省が3月7日13時に更新した「(日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国・入域後の行動制限)」のリストによると、入国後に行動制限措置がとられている国・地域に含まれていた「・オンタリオやケベック含む9州」をリストから削除していることがわかった。

 

外務省は、該当ページの注意事項で、「入国後の行動制限については,国籍を問わず全渡航者を対象にしている措置や自主的な対応を求めるものも含まれています。」と明記している。

 

先日まではカナダがリストに入り、当サイトだけでなく、NHKなど日本の主要メディアも日本人渡航者に対するカナダにおける入国後の行動制限について報じていた。

 

カナダ政府のサイトを確認するとこれまでと変わらず「リスク2」に区分されており、日本からの渡航者に対しての要望は変わっているように見えない。

 

なお、カナダではケベック州モントリオールで3月16日から羽生結弦選手などが出場予定のフィギュアスケートの世界選手権が開催予定で、日本からの渡航者が一部報道によると3000人にも及ぶと報道されている。

 

推測では、健康状態の自己モニターの要請についての解釈を変えたものと思われるが、現在、在カナダ日本国大使館など関係各所に問い合わせ中。

 

他方で、外務省にはこれまで掲載していた国をリストから除外するならその除外した理由をきちんと明記・説明することを求めたい。

https://torja.ca/coronavirus-update/より引用

フィギュア世界選手権2020コロナで中止検討?日本からカナダの入国は大丈夫なの?についてのツイッター反応を紹介

まとめ

フィギュア世界選手権2020コロナの影響はある?日本からカナダの入国は大丈夫なの?

フィギュア世界選手権2020がコロナのために中止検討されていることが分かりました。

そして現在日本からカナダの入国は大丈夫なのか、調べてみました。

状況は日々変化していますが、今のところ、日本からカナダへの渡航はスムーズなようです。

現在の状況はカナダ側は中止にした方がいいと思っているようですが、スケートカナダ側が開催したいと主張しているような状況のようです。

無観客試合や延期も視野に入れているかもしれませんが、試合開始が1週間と迫った今、選手、観客にとっては早くはっきりとして欲しい所ですね。

大勢の人が世界中から集まるので、色々な考え方、更に運営側や観客側、選手側と多方面からの見方もありますから、最終決断を下すのは本当に難しいことだと思います。

それではスケートカナダ、そしてケベック州の発表を待ちましょう。

結果が分かり次第追記します。

今回はフィギュア世界選手権2020コロナで中止検討?日本からカナダの入国は大丈夫なの?をお届けしました。

追記:2020年3月11日、世界選手権が取りやめられることが決定されました。

とっても残念ですが、仕方がないですね。

世界選手権を出場を決めた選手たち、そして大会に向けて一生懸命調整してきた選手の事を思うといたたまれません。

早くコロナの猛威が収まることを願ってやみません。

 

おススメ関連記事

>>>羽生結弦のトロントクリケットクラブの住所はどこで見学や撮影は可能?インスタ公式があるって本当?

コメント

タイトルとURLをコピーしました