羽生結弦のトロントクリケットクラブの住所はどこで見学や撮影は可能?インスタ公式があるって本当?

羽生結弦のトロントクリケットクラブの住所はどこで見学や撮影は可能?インスタ公式があるって本当? フィギュアスケート

現在、オリンピック2連覇中の羽生結弦選手が所属しているトロント、クリケットクラブって聞いたことがありますか?

今回はこのクリケットクラブの住所、また、クリケットクラブの見学や撮影は可能か、さらにインスタ公式があるのかも調べてみました。

羽生選手が2012年4月にカナダに渡ってからはや8年。

羽生選手にとってトロントは第二の故郷となっていることでしょう。

ファンにとってはとても気になる羽生選手の第二の故郷、トロント、そしてもはや聖地といっても過言ではないクリケットクラブ。

そこで、羽生結弦選手のトロントクリケットクラブの住所を紹介したいと思います。

さらにクラブの見学や撮影は可能、公式のインスタが存在かも調べてみました。

 

羽生結弦選手のトロントクリケットクラブの住所はどこ?

羽生結弦のトロントクリケットクラブの住所はどこで見学や撮影は可能?インスタ公式があるって本当?

クリケットクラブとは略称で、正式名称は「トロント クリケット スケーティング アンド カーリングクラブ (Toronto Cricket Skating and Curling Club)」といいます。

クリケットクラブの住所は141 Wilson Avenue Torontoで、地下鉄の最寄りの駅はヨークミルズ(York Mills)駅です。

ダウンタウンからは地下鉄で15分から20分くらいかかります。

ヨークミルズ駅から西方向にウイルソンアベニュー沿いに坂を上りつつ15分くらい歩くか、もしくはバスで3分くらいのところに、クリケットクラブはあります。

また、トロント ピアソン空港からは、車で渋滞がなければおよそ20分程。ただ、時間帯によっては高速道路がかなり混むので、その時はその倍以上かかる場合もあります。

401という名前のついた高速道路をアベニューロード(Avenue Road)という出口で降りて、左に曲がるとすぐにあります。

クリケットクラブはスケートクラブだけではなく、建物の中にはカーリング場、アイスリンク、プール、スカッシュ、ダンススタジオやジム、更にはレストランやバンケットもできる広いラウンジが併設されています。

建物の外には、クリケット場やテニスコート、更に夏にはメンバーさんがバーベキューが楽しめるパテオがついています。

周りは住宅地に囲まれて、向かい側には小学校があります。

 

羽生結弦選手のトロントクリケットクラブの見学や撮影は可能?

羽生結弦のトロントクリケットクラブの住所はどこで見学や撮影は可能?インスタ公式があるって本当?

クリケットクラブは会員制のクラブです。入口は常に鍵がしまっており、メンバーさんは入会と同時にクラブから借りている鍵を使って建物内に入ります。

入口には受付の方がおり、その方々はどの人がメンバーなのか、だいたい把握しているそうなので、メンバーではない場合は、入口で止められてしまう可能性が高いようです。

正式にクラブを見学したい方は二つの方法があります。

一つはもし、メンバーの方に知り合いがいれば、その方のゲストとして建物の中に入ることはができるようです。

もう一つは入会を前提として、クラブの入会担当の方と予約を取って建物内を案内していただくことだそうです。

ただ、両方とも難関ですよね。

ただし、直接ファンレターやプレゼントがあれば、受付の方に託しておくと、羽生選手まで届くようです。

しかし、それも受付まで。

それ以降の建物内には入れないようです。

クリケットクラブの建物外、駐車場やクリケット場もクリケットクラブの私有地なので、本来ならば、駐車場などにも入ることはできません。

羽生選手が常にどんな場所で練習しているのか、ファンにとってはとても気になるし、せっかくトロントに行ったのならば、クリケットクラブを見学してみたいという気持ちはとてもよくわかります。

ただ、羽生選手がどうしてセキュリティーの厳しいクリケットクラブで練習しているのか、考えてみれば、そっとしておいてあげるのがファンにできる最大の応援の方法ではないでしょうか。

また写真撮影はクラブ内全てのエリアで禁止となっているようです。

クラブ内はもちろんの事、駐車場からの撮影もNGのようです。

ファンの方にとっては羽生選手がどのようなところでいつも練習しているかはとても気になるし、一目見てみたいと思う気持ちもわかります。

ただ、羽生選手がなぜこのようなセキュリティーがしっかりしているクラブで練習されているのか考えれば、迷惑をかけるようなことはできないと思います。

クリケットクラブにはスケートのほかに、テニスやクリケット、スカッシュやカーリング、スイミングなど様々なアクティビティがあり、大勢の会員数を誇っています。

そしてこの大勢の会員の方々は毎月、更には毎年多額の会員費を収めているそうです。

なので、観光としてクラブ内に入るということはクラブ側にとっても会員の方々にとっても迷惑となるのでやめておきましょう。

羽生選手もクラブ側に迷惑がかかることは決して望んでいないはずです。

駐車場内をカメラや携帯を持ってウロウロしたり、外観だけでもと撮影するのはNGなので控えましょう。

アベニュー通りは公道ですので、アベニュー通りから建物を見るのは大丈夫だとは思います。

ですが、一旦敷地内(駐車場でも)に入るとそこはクリケットクラブの私有地ですから、クラブのルールに従いましょう。

 

羽生結弦選手のトロントクリケットクラブのインスタ公式があるって本当?

羽生結弦のトロントクリケットクラブの住所はどこで見学や撮影は可能?インスタ公式があるって本当?

クリケットクラブには公式のインスタグラムがあります。

>>公式インスタグラム

このアカウントはクラブの会員用のアカウントのようです。

これからクラブで行われるイベントやメンバーにお伝えすべきニュースを発信しているようです。

公式ではないですけど、

#torontocricketclub

#thecricketclub

#tcscc

のハッシュタグでクラブ内の様子をうかがうことができます。

公式のアカウントにはあまり羽生選手の様子は掲載されていませんが、ハッシュタグがついたアカウントには、クリケットクラブに所属している選手がとった写真や動画に稀に貴重な映像が掲載されていることがありますので、是非チェックしてみてください。

また公式なツイッターもあるよです。

こちらもツイッター同様、メンバーの為のアカウントで、これからクラブ内で行われるイベントが紹介されています。

公式インスタには羽生選手情報は載ってはいませんが、クリケットクラブでどのようなイベントが行われているかは、知ることができるようです。

 

羽生結弦選手所属のクリケットクラブ見学についてのツイッター反応

 

まとめ

羽生結弦のトロントクリケットクラブの住所はどこで見学や撮影は可能?インスタ公式があるって本当?

今回は羽生結弦選手が所属するのトロントクリケットクラブの住所を調べてみました。

または見学や撮影は可能かも調査しました。

クリケットクラブには羽生選手をはじめ、ロシアの エフゲニア メドベージェワ選手、アメリカのジェイソン ブラウン選手、韓国のチャ ジュンファン選手など世界レベルで活躍されている選手が多く練習しています。

またコーチ陣もブライアン オーサー先生、トレイシー ウイルソン先生、ジェフリー バトル先生を始め、有名なコーチが勢ぞろいしています。

一ファンとしては、生で彼らのオーラ、エネルギーを感じてみたいと思うかもしれませんが、普段の練習は完全なプライベートであり、超えてはいけない境界線だと思います。

なので、選手の事を応援するのならば、彼らに迷惑にならないようにしましょう。

今回は羽生結弦選手の拠点であるのトロントクリケットクラブの住所、そして見学や撮影は可能かまた、公式はインスタグラムのアカウントがあるのかを紹介しました。

2020年4月現在、クリケットクラブはトロントの保健省の指導により、コロナウイルス感染予防の為、無期限で閉館されているようです。

合わせて読みたい!

 

タイトルとURLをコピーしました