シャープマスク当選メールきた!なりすまし詐欺メールの見分け方を紹介!

シャープマスク当選メールとなりすまし詐欺メールの見分け方を紹介! マスク
Pocket

先日発売された国内製のシャープマスク。

消費者の反響は大きく、抽選販売には470万人がエントリー。

当選倍率は117倍だったそうです。

こちらの抽選販売の応募の際にもアクセス殺到で申し込み途中で画面が真っ白になってしまったり、エラーが出てしまったりとトラブル続出。

応募者側もきちんとエントリーが完了しているのかはっきりしない人たちが多いとの事。

そこで、心配されるのが「当選なりすまし詐欺」ではないでしょうか。

そこで今回はシャープマスク当選メールとなりすまし詐欺メールの見分け方を紹介したいと思います。

少しでも多くの人がこのような卑劣な被害に遭わないよう、どのようなケースがあるのか調べてみたいと思います。

\\マスクの在庫あります//

 

シャープマスク当選メールとなりすまし詐欺メールの見分け方を紹介!

シャープマスク当選メールとなりすまし詐欺メールの見分け方を紹介!

よくある手口としてあげられるのが「フィッシング詐欺」というものです。

考えられるパターンとしては、「シャープのマスクに当選しました」といってタイトルを付けて、あたかもシャープが送信した当選メールであるかのように消費者に送り付けられるものです。

もしくは、「マスク販売の敗者復活抽選へのエントリー」のようなタイトルで、落選を装うが、「先着1000名の優先エントリーを受け付け!」というような手口も考えられます。

現在はマスク不足により、どにかマスクを手に入れたいという消費者が多くいます。

シャープマスクのエントリー数をみても登録できた人だけで470万人。

その他にも応募画面に繋がらなかったり、途中で跳ね返されてしまった人も合わせるとシャープマスクが欲しいとおもった消費者の数はもっと多かったことでしょう。

詐欺師にとってはそのような大人数の人が対象にできるので、消費者である私たちは注意が必要です。

 

当選メールや差出人不明のメールはすぐに開けない

当選メールが来たとしても、ここは慌てず、慎重に行きましょう。

もしなりすましメールだった場合、シャープのサイトに巧妙に似せたサイトより、クレジットカード番号や氏名、メールアドレス、電話番号等の個人情報を聞かれる可能性が大きいです。

入力してしまってからでは手遅れなので、まずは本当にシャープからきているのか、よく確認することが大事になってきます。

こちらの件に関しましてはシャープの広報からも注意喚起が行われています。

  • シャープからくるメールは当選メールのみであって、落選メール、敗者復活メールはないです。
  • 当選メールは4月29日までに送られてくるそうです。なので、29日までにメールが来なければ落選ということです。
  • 送信元はシャープで、以下のアドレスからです。

cocorostore-info@sharp.co.jp

  • 当選メールでは応募時の入力案内を照合する本人確認のページなので、いきなりクレジットカード情報を聞いたりはしません。
  • 当選者は期間中いつでも購入出来て、売り切れるという事はないということです。

ですから、もしも当選メールが来た場合、以上の事を確認してから開けるようにしてください。

詐欺メールもおそらく当選メールのように巧妙に作ってくることが予想されます。

しっかりと上記のアドレスを確認して、いきなりクレジットカード等の入力ページがでてきたら、まず詐欺を疑ってください。

個人情報を入力する前に、念には念を入れて、絶対に詐欺にひっかからないよう、気を付けてください。

 

シャープマスク当選メールとなりすまし詐欺メールについてのツイッター反応を紹介!

まとめ

以上今回はシャープマスクの当選メールとなりすまし詐欺メールの見分け方を紹介しました。

当選された方はまず、差出人メールをチェックしてください。

一文字でも違っていたら詐欺を疑ってください。

更に、いきなりクレジットカード番号等を聞いてくるメールも怪しいです。

100倍以上の倍率を潜り抜けの当選は嬉しいですが、まずは一息ついて落ち着いて確認をしてからメールをあけるようにしましょう。

誰もこのような被害に遭わないことを願います。

それでは「シャープマスク当選メールとなりすまし詐欺メールの見分け方を紹介!」をお送りしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました