東京アラートとは?出たらどうなる?詳細内容をステップごとに紹介!

東京アラートとは?出たらどうなる?詳細内容をステップごとに紹介! デイリーニュース
Pocket

新型コロナウィルスの対策として、新たに決定された東京アラートとはなんなのか?発令が出たらどうなるのか?について、詳しく知りたい方もいるのではないでしょうか。

また東京アラートが発令されるには、いくつかのステップがあるようなので、その詳細内容についても調べてみました!

新型コロナウィルスは、経済をも脅かすものとなり、今までの生活を送ることが困難になるほどのウィルスになりました。

政府はこれまで様々な対策をしてきましたが、今回決定された東京アラートは、どんな対策なのでしょうか?

それでは、東京アラートとは?出たらどうなる?詳細内容をステップごとに紹介していきます!

 

東京アラートとは?

東京アラートとは?出たらどうなる?詳細内容をステップごとに紹介!

東京アラートは、新型コロナウィルスの現状の感染者数を知らせ、都庁やレインボーブリッジを真っ赤にライトアップし、都民に警戒するよう呼びかける為に出されたものです。

東京都が決めたコロナウィルスの対策の一つで、都が定めた緩和目安を超えた際に、東京アラートが発令されることとなりました。

海外で流行していた新型コロナウィルスは日本にも上陸し、医療施設では受け入れが困難になるほど感染者が増えた今、生活環境も変化していますよね。

日本では4月から5月中旬まで緊急事態宣言が出され、不要不急の外出を控えた自粛生活を送る日々が始まりました。

お仕事はテレワークやリモートが中心になり、学校は休校・大学はオンライン授業と自粛しながらでも出来ることを模索し、新たな未来に向けて世間が動き始めていますよね。

緊急事態宣言が出された日本では、新型コロナウィルスの感染者数はだんだん減少し、5月22日には宣言が解除されました。

ですが、飲食店や商業施設の休業要請も解かれた現在の東京都では、新型コロナウィルスの感染者は30人を超えています。

自粛期間には減少していた感染者数が、まただんだんと増えてきているんです。

東京アラートは、ニュースで数字や状況を耳にするだけでは実感しづらいことも、こうして視覚として情報を得ることで伝わりやすく、良い方法だと思います。

 

6月に入り、ドラマの撮影再開や飲食店が営業を開始していますが、これからも新型コロナウィルスには警戒し、気をつけていかなければなりません。

東京アラート発令の基準は『1日あたりの新規感染者が20人未満』『新規感染者に占める感染経路不明の割合が50%未満』『週単位の感染者増加比が1未満』の3つとなっています。

6月は既にこの基準を超えてしまった為、東京アラートが発令されることになりました。

コロナウィルスが存在し続ける限りは、通勤生活や学生生活も今まで通りにはいかなくなっていますし、これからも色々な対策が出てくることでしょう。

 

東京アラートが出たらどうなる?

東京アラートとは?出たらどうなる?詳細内容をステップごとに紹介!

 

東京アラートが発令された際には、都民に対し「ロードマップ」上での感染拡大防止を徹底する為に必要な外出自粛・休業を再度要請することになります。

ただ、東京アラートが発令されたとしても、外出自粛・休業要請をするには「状況を見る時間がいる」と都知事の会見で発言されているので、すぐに自粛・休業の形になるわけではないようです。

レインボーブリッジや都庁を真っ赤にライトアップする理由は、昼間よりも夜の街に警戒しようということが中心のようです。

お店に休業要請を出すことが決定された時も、夜間営業が主になっているお店は、特に警戒してほしいというニュースがありました。

数字や文面だけでは伝わらないことも、ライトアップで危険度が視覚的に分かることは、良い対策ではないでしょうか。

都民からは様々な反応もありますが、世間がコロナウィルスを少しでも意識するきっかけになったのではないかという意見もありました。

スーパーやコンビニなども、色々な対策をしながら営業していますし、まだまだコロナウィルスを警戒した生活は続いていくでしょう。

 

東京アラートの詳細内容をステップごとに紹介!

東京アラートとは?出たらどうなる?詳細内容をステップごとに紹介!

東京アラートが発令されると、自粛・休業要請が出されますが、それについてはステップがあるので、紹介していきます。

STEP0は外出自粛要請・施設使用停止要請、イベント開催自粛要請で、都民が密になる状況を避ける為の最初の段階になります。

緊急事態宣言が出された時に、新宿や渋谷のスクランブル交差点には人がいなくなり、静かな街になっていましたよね。

もし東京アラートが発令されたら、その時のように人がいない街になることが予想されます。

STEP1は都民の文化的・健康的な生活を維持する上で必要性が高い施設(博物館、美術館、図書館)の緩和で、人が集まりやすい場所に注意を向けています。

広い空間ですしソーシャルディスタンスを意識して行動することは可能ですが、並んだり混んだりすることもありますし、密になりやすいです。

お年寄りや幼い子供が来ることもありますし、警戒する必要がある場所ですね。

STEP2はクラスター歴がなく3密になりにくい施設(飲食店、劇場等)の緩和です。

商業施設も営業を再開し始めましたが、外出する人が増えれば、そこは危険な場所になります。

飲食店では入店したお客さんに席を案内する際に、他のお客さんとの距離をあけて、席を決めていたり、工夫しながら営業しています。

大人以外にも、小さい子供や家族でご来店されることもありますし、緩和必須の場所ということですね。

STEP3のクラスター歴がある、または、高リスクの施設を除いて、入場制限を前提としてすべての施設を再開することになっています。

これはライブ会場や球場についての対策ですね。

クラスターという言葉はSNSで使用される用語でもありましたが、新型コロナウィルスが流行ってからはニュースでも聞く言葉になりました。

クラスターには、群れ、集団という意味があります。

ライブ会場や球場には色々な土地からファンが来ますし、人と人との距離をあけるのもとても難しいことです。

今は芸能人のライブやコンサートも中止になり、野球の試合、甲子園も無くなってしまいました。

 

段階はSTEP0からSTEP3までありますが、どれも密を避け新型コロナウィルスに感染しない為には、この手段しかないのだと思います。

今はネット社会ですし、動画サイトではお家でできるヨガやストレッチなど、たくさん気分転換する方法も載っていますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

まとめ

東京アラートとは?出たらどうなる?詳細内容をステップごとに紹介!

東京アラートとは?出たらどうなる?詳細内容をステップごとに紹介!について調べました!

経済を揺るがすほど新型コロナウィルスの影響はものすごく、私たちはこれからもウィルスと向き合いながら生活していくことになります。

マスク、アルコール消毒を常に意識していきましょう!

以上、東京アラートとは?出たらどうなる?詳細内容をステップごとに紹介!をお届けしました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました