BG身辺警護人ロケ地四話小学校や寿司屋やラーメン店やはどこ?

BG身辺警護人ロケ地第四話寿司屋やラーメン店や小学校はどこ? BG身辺警護人
Pocket

『BG身辺警護人』第四話ご覧になりましたか?

視聴率も前回の第三話と同じ14.4%で変わらぬ好調ぶりですね。

今回のお話では20年間引きこもりを続ける生田大輔(岡田義徳さん)がクライアントでした。

劉社長と菅沼の密会場所に使われたお寿司屋さんや、笠松先生が「男盛りらーめん」を頼んでいたお店など、前回と違って飲食店も出てきましたよね。

生田がタイムカプセルを掘り起こしていた母校がどこにあるのかも気になります。

そこで今回は『BG身辺警護人』のロケ地として使われたお寿司屋やラーメン店、小学校はどこなのか調べてみました♪


 

BG身辺警護人ロケ地第四話小学校はどこ?

生田が島崎と高梨に警護されながら向かった母校は千葉県の『船橋市立市場小学校』でした。

こちらでは校門などの外観だけ撮影したようですね。

 

実際にタイムカプセルを掘っていた校庭は埼玉県川島町にある『町立出丸小学校』の跡地です。

廃校になった現在は地域の交流やイベント開催等の目的で施設を開放しているそうですよ。

BG身辺警護人ロケ地第四話寿司屋やラーメン店はどこ?

劉社長と菅沼が密会していたのは、西麻布にある『江戸前鮓 すし通』というお寿司屋さんです。

こちらのお店はソムリエのいる高級店としても有名ですね。

今までも色々な番組で使われてきた人気のお店で、なかなか予約は取れないようです。

 

笠松先生が島崎と電話で話をしていたのは『俺流塩ラーメン 南平台店』です。

店名にもなっている『俺流塩らーめん(670円)』ではなく、笠松先生が注文していたのは『俺流男盛りらーめん(980円)』でした。

なんというか「らしい」チョイスですよね。ラーメンもとても美味しそうです♪

 

 

BG身辺警護人第四話のSNSでの反応は!?

生田親子を演じたお二人の演技やハートフルな内容等がSNSでも話題になっていましたね!



まとめ

今回は『BG身辺警護人』第四話のロケ地になったお寿司屋さんやラーメン店、小学校はどこなのか簡単にまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?

小学校のシーンはどうやって撮影したのかと考えていたのですが、廃校になった施設を利用していたんですね!

ロケ地ひとつを取ってみても撮影の裏側というか、色々な工夫が分かって楽しいです。

それと第四話でも寿司屋やラーメン店が登場しましたが、ドラマに出てくるお店って美味しそうなお店ばかりで観ているだけでもお腹がすいてしまいますよね(笑)

色んな意味で『BG身辺警護人』は見どころがいっぱいです♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました