となりのトトロ声優おばあちゃん役は誰?マレフィセントなどディズニーにも出演?

となりのトトロ声優 おばあちゃん役は誰? マレフィセントなどディズニーにも出演? 金曜ロードショー
Pocket

先日金曜ロードショーで放送された「となりのトトロ」。

1988年に公開され日本を代表するアニメ映画の一つであり、宮崎駿さんが監督を務めた映画です。

そんな「となりのトトロ」の声優でカンタのおばあちゃん役を務めた方はだれなのでしょうか。またマレフィセント役などディズニーにも出演されているというのは本当なのでしょうか。

そこで今回は、「となりのトトロ」の声優でおばあちゃん役を務めた人はだれなのかや、マレフィセント役でディズニー映画にも出演されたのかどうかについて紹介します。

 

となりのトトロ声優おばあちゃん役は誰かについて紹介

まず初めに、「となりのトトロ」の声優でカンタのおばあちゃん役をされた方が誰かについて紹介します。

カンタのおばあちゃん役をされていたのは、北林谷栄さんという方です。

「となりのトトロ」公開当時で、76歳であり、カンタ役の雨笠利幸さん(当時12歳)とは丁度祖母と孫ほど歳が離れていたようです。

 

となりのトトロ声優おばあちゃん役北村谷栄さんについて紹介

続いて、「となりのトトロ」でカンタのおばあちゃんの声優役を務めた北村谷栄さんについて簡単に紹介したいと思います。

まず、プロフィールは以下の通りです。

  • 名前:北村谷栄(きたむらたにえ)
  • 本名:安藤令子(あんどうれいこ)
  • 生年月日:1911年5月21日
  • 出身:東京

 

初舞台では1936年、『どん底』でナスチャ役を務めたようで、それ以来様々な役を務められたようです。

若いころから老役が多かったようで、30代後半で「老女役は北林」という名称を獲得されていたようです。

1959年には映画『キクとイサム』でブルーリボン賞 主演女優賞受賞を受賞し、1991年には『大誘拐』日本アカデミー賞最優秀 主演女優賞など多くの映画賞を受賞されている方のようです。

その後2002年『阿弥陀堂だより』日本アカデミー賞 最優秀助演女優賞を受賞し、2003年の「北林谷栄の世界『蓮以子 93になった』」が最後の公の場のようです。

その後、2010年4月に逝去されたとのことです。

以下、出演作品一覧(一部抜粋)です。

  • 舞台
    • 『泰山木の木の下で』
  • ドラマ
    • 『繭子ひとり』
    • 『高原へいらっしゃい』
  • 映画
    • 『大誘拐/RAINBOW KIDS』
    • 『阿弥陀堂だより』
  • アニメ
    • 『となりのトトロ』

 

となりのトトロでおばあちゃん役の声優は、マレフィセントなどディズニーにも出演していたかどうかについて紹介

続いて、北村谷栄さんがマレフィセント役などディズニー映画にも出演されていたかどうかについて紹介します。

結論から言うと、ディズニー映画にも出演されたことがあるようです。

実際以下の作品に出演されていたとのこです。

  • 白雪姫(1958年初公開版):女王・妖婆役
  • 眠れる森の美女(1960年初公開版):マレフィセント役
  • シンデレラ(1961年初公開版):継母役

 

Twitter上の声を紹介

 

まとめ

以上、「となりのトトロ」の声優でおばあちゃん役を務めた人はだれなのかや、マレフィセント役でディズニー映画にも出演されたのかどうかについて紹介してきました。

数多くの作品に出演され、数多くの受賞歴もある方で、お亡くなりになられた際には、多くの方から悲しみの声が上がったようです。

ちなみに代表作の一つである、『大誘拐』の際は、脳動脈瘤破裂で倒れられた後の作品だったようですが、日本アカデミー賞など様々な映画賞を総なめするという健在ぶりを示されたようです。

それでは、「となりのトトロ」の声優でおばあちゃん役を務めた人はだれなのかや、マレフィセント役でディズニー映画にも出演されたのかどうかについて紹介しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました