てんちむ豊胸や大麻使用って本当?モテフィット返金希望にはどう対応?

てんちむ豊胸や大麻使用って本当?モテフィット返金希望にはどう対応? YouTube
Pocket

チャンネル登録者数100万人を超えるYoutuberのてんちむさん。

様々なジャンルの動画を投稿している人気Youtuberの一人ですが、現在視聴者をだましていたのではということで、SNS上などで疑惑の声が上がっています。

てんちむさんが豊胸手術をしていたことや大麻を使用したというのは本当なのでしょうか。

またモテフィットの返金希望にはどう対応されるのでしょうか。

そこで今回はてんちむさんの豊胸や大麻使用が本当かどうかや、モテフィット返金希望にはどう対応されるのかについて紹介します。

 

てんちむの豊胸が本当かどうかについて紹介

現在SNSなどにおいててんちむさんの豊胸疑惑などについて話題になっていますが、まずは経緯や原因について紹介します。

もともと、マッサージやナイトブラをつけるといった努力によってバストアップをすることができ、AカップからFカップになったことを公言されていました。

そのためナイトブラやバストアップサプリのプロデュースもされていたようです。

しかし努力だけでなく、豊胸手術も実際に行っており、それによるバストアップもあったことがが明らかになり炎上しているようです。

特にプロデュース商品を買っていたファンから苦情が相次いでいるようです。

 

なお上記の事実が公にされた経緯については、てんちむさん及び公にした当人であるかねこあやさんの両者で食い違いがあるため、その部分の紹介は割愛させていただきます。

豊胸をしていたことなどが公にされた後に、てんちむさん自身が謝罪動画を挙げられています。

その中で「今まで私は豊胸手術をしたことが一切ないと言っていたにも関わらず、6年ほど前に自分の脂肪を胸に注入する豊胸手術をしていた事実があります」と豊胸を認め謝罪しています。

また豊胸について否定していたのは、努力して豊胸に成功したことが薄れてしまうのが怖く、努力であった点を美化させたいという思いがあったことも告白されています。

 

てんちむの大麻使用が本当かどうかについて紹介

てんちむ豊胸や大麻使用って本当?モテフィット返金希望にはどう対応?

続いて、大麻使用が本当かどうかについて紹介します。

先の動画において、てんちむさん自身使用時には大麻であることを認識していない及び、現地では合法であるために大丈夫だろうと思っていたことを告白すると同時に大麻を使用したことを認められています。

同時に、日本国内では使用していないこと、および「表にでる仕事をしている人間として自覚のない極めて軽率な行動であった」と謝罪されました。

 

海外での大麻使用で逮捕されるのかについて紹介

続いて、てんちむさんが大麻を使用されていたために逮捕されるのかという点について紹介します。

この記事を書いている私自身法律に詳しいわけではありませんが調べてみたところ逮捕されない可能性の方が高いということがわかりました。

大麻取締法の第24条の8には以下のような規定があります。

第二十四条、第二十四条の二、第二十四条の四、第二十四条の六及び前条の罪は、刑法第二条の例に従う。

出典:https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=323AC0000000124

 

※上記に記されている条文は以下の通りです。(一部抜粋)

第二十四条 大麻を、みだりに、栽培し、本邦若しくは外国に輸入し、又は本邦若しくは外国から輸出した者は、七年以下の懲役に処する。
第二十四条の二 大麻を、みだりに、所持し、譲り受け、又は譲り渡した者は、五年以下の懲役に処する。
第二十四条の四 第二十四条第一項又は第二項の罪を犯す目的でその予備をした者は、三年以下の懲役に処する。
第二十四条の六 情を知つて、第二十四条第一項又は第二項の罪に当たる行為に要する資金、土地、建物、艦船、航空機、車両、設備、機械、器具又は原材料(大麻草の種子を含む。)を提供し、又は運搬した者は、三年以下の懲役に処する。
出典:https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=323AC0000000124

 

また刑法第2条は以下の通りです。

第二条 この法律は、日本国外において次に掲げる罪を犯したすべての者に適用する。
一 削除
二 第七十七条から第七十九条まで(内乱、予備及び陰謀、内乱等幇助)の罪
三 第八十一条(外患誘致)、第八十二条(外患援助)、第八十七条(未遂罪)及び第八十八条(予備及び陰謀)の罪
四 第百四十八条(通貨偽造及び行使等)の罪及びその未遂罪
(以下略)
出典:https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=140AC0000000045#17

このことから大麻の使用は基本的に国内外問わず処罰の対象となります。

大麻取締法に「刑法第2条の例に従う」と規定しているのは、刑法第2条の罪は世界の多くの国家の共通利益を侵害する犯罪であり、各国で協力して処罰するためにあるようです。

そのため大麻が合法化されている国と日本の間には共通の利益が存在しないことになります。

また大麻取締法にある「みだりに」とは「違法に」という意味があるようで、そのことから日本と外国法の両方に違反して初めて違法性が認められるようです。

このため大麻が合法化されている国での大麻の使用は日本法からみて「みだりに」行われたものではないということになります。

そのためてんちむさんは逮捕される可能性は低いということになるようです。

 

モテフィットの返金希望にはどう対応するかについて紹介

最後にモテフィットの返金希望にはどう対応されるのかについて紹介します。

返品手続きする際には「shop@kireinowa.com」に以下の情報を連絡するといいようです。

  • 名前(フルネーム)
  • 登録した電話番号
  • 登録したメールアドレス
  • 登録した住所

また商品本体及び注文または発送時の受信メールを印刷したものを同封して、以下まで着払いで送るようです。

〒143-0006
東京都大田区平和島1-2-30 センコー㈱平和島PDセンター5C
YUIKUモテフィット返品センター宛
電話番号:0120-429-139

 

なお返金の対象者は2020年9月1日までにモテフィットを購入し、モテフィットと購入した証明書を持っている方のようです。

またフリマサイトなどでの購入は対象外で、起源は2020年10月31日23時59分とのことです。

 

まとめ

以上、てんちむの豊胸や大麻使用が本当かどうかや、モテフィット返金希望にはどう対応されるのかについて紹介してきました。

本人にだます意図があったのかどうかは定かではありませんが、結果的に視聴者を裏切ることになってしまったてんちむさん。

返品には応じるとのことなので、もし返品したいという方がいればお早めに返品されるのがいいでしょう。

それでは、てんちむの豊胸や大麻使用が本当かどうかや、モテフィット返金希望にはどう対応されるのかについて紹介しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました